ありがとう と ごめんなさい

先日、後輩と恋愛について話したときのこと。

「どうやったら長く続くんですかね~」と質問されました。

 

ちょっと先輩風を吹かしたかった私は

「ありがとう と ごめんなさいが大切やと思うよ!」

 

我ながらいいこと言った、と思いました。笑

私自身は本当にこの二つの言葉はすごく大切だと思ってます。

 

なにかしてくれたら ありがとう。

嬉しかったら ありがとう。

嫌な思いをさせてしまったら ごめんなさい。

哀しませてしまったら ごめんなさい。

 

彼や仲間、家族に、きちんと伝えることが本当に大切だと思うし、

自分はちゃんと伝えれていると思ってました。

 

 けど、自分が一番できてないな、って感じました。

口ではこうやって言いながら、やってることは相手が嫌がったり、

自分が、自分が、という心になってしまっていたり。

 

人は鏡やから、人に言ったことは自分ができてないこと。

その人を通して、自分自身に言ってること。

そんなことを気づけなかった。

 

ありがとう ごめんって口では言っていても、行動が伴ってない。 

本当に心から伝えれていたのかな。

そうやって考える機会を与えてもらいました。

 

ありがとう と ごめんなさい と口で伝えること。

そして、行動で伝えること。

その二つが大切だと、最近感じています。

 

 

そんな当たり前のことを!って思うかもしれんけど、

その当たり前だからこそ、改めてもう一度心に刻みたいな~。

 

 

 

たくさんの愛をありがとう。