2018.1.22

さっき しこたま泣きました

こんなに涙が出るんや、と思うぐらい

 

キッカケは些細な父の一言

その何気なく口から出た一言に傷ついて

全てを否定されてる気持ちになった

自分の大切な人も 大切にしてることも

すべて 間違ってる、と言われたような気持ち

 

泣いても泣いても涙が止まらなくて

辛かった

 

親友に速攻泣きながら 電話

 

 

「それってさ、すべて否定されたように

聞こえてない?」

 

はっ とする一言

 

「きっと パパは寂しかったんじゃない?

だから ついつい言ってしまった。

大人は ごめん って言えんもんやけんさ、

後に引けんなったんやって!」

 

そういう考え方してなかった

 

自分は 否定された としか思わなかった

けど、ほんとうはそうじゃなくて

うまく愛情が伝えれんかっただけ。

 

「今の君が 一番気にしてるからこそ

何気ない一言が

100%否定されたように聞こえてて

否定された、としか受け取れんのじゃない?

でも ほんとは ちっとも否定なんてしてない。

ただ、想いがすれ違っただけ」

 

 

自分の中ですべてが晴れた気がした。

 

気にしてるから 敏感だからこそ

すべて悪いように聞こえてしまう。

それは仕方ないこと。

でも そこで どう自分が思考を展開させるか。

 

もしかしたら 今までもこれからも

ほんとはそこまで深い意味なんてなくて

自分が過剰に反応しすぎてるだけのこと、

いっぱいあるんやろうなぁ

 

わかってほしい、そう思うことは

悪いことなんかじゃない。

ただ それが本当にわかってもらえるのは

まだまだまだまだ時間がかかる。

 

だから 焦らずに。

 

自分の大切な人を、大切なものを

信じて 進んでいくだけ。

 

 

しこたま泣くぐらい大切な人やものに

出逢えたうちは 本当に幸せ。

 

だから なにがあっても負けない。

共に 一緒に 歩んでいく。

それが 自分の幸せだから。

 

よしっ。